会社紹介/沿革

沿革

1994年

7月
代表取締役の柴田俊がオーストラリアで技術翻訳、電子ドキュメント制作の事業を開始

1996年

9月
資本金5百万円で、有限会社ジーアップコンピューター設立

1998年

7月
(財)マルチメディアコンテンツ協会の公募で「外国人向けマルチメディア日本生活ガイド」採択

2001年

8月
(財)デジタルコンテンツ協会の公募で「XMLを利用したデジタル野球記録システム」採択
(財)コンピューター教育センターの公募で「美濃焼のデジタル教材(および授業実施)」採択

2002年

4月
社名を「有限会社ジーアップ」へ変更

2003年

7月
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の中小ITベンチャー支援事業で「アイレセプション・メディカル (病医院向け診察順番管理システム)」採択
10月
「順番連絡システムを利用した広告配信システム開発事業」が、中小企業創造法認定

2004年

4月
「アイレセプション・メディカル」発売開始

2006年

5月
「アイレセプション2」発売開始

2007年

7月
事務所 拡張
10月
「e整理券」発売開始

2008年

10月
地元専用情報サイトシステムを開発。
第一弾として岐阜県多治見市専門の情報サイト「じもけん多治見」を公開

2009年

2月
新規事業「保険調剤薬局支援事業」の事業計画が経営革新計画として岐阜県知事の承認を受ける
4月
健康保険組合向け後発医薬品推進WEBコンテンツ提供開始

2010年

10月
緊急人材育成支援事業(基金訓練)開始
11月
キャリアサポート事業を開始。それに伴い、多治見キャリアアップセンター設立

2011年

7月
スマートフォンアプリ開発事業第一弾「うながっぱ絵合わせ」を配信開始
11月
求職者支援訓練開始

2012年

5月
岐阜県委託訓練開始
12月
岐阜県委託事業「ガンバレ!就活生サポート事業」受託

2018年

2月1日
「株式会社ジーネックス」設立 システム開発関連事業を継承